邦画

SUNNY強い気持ち・強い愛のキャストやあらすじは?感想ネタバレも!

「SUNNY強い気持ち・強い愛」は、2018年8月31日に公開された映画です。

「SUNNY強い気持ち・強い愛」は、元々の出演予定されていた真木よう子さんが体調不良を理由に降板し、代役として板谷由夏さんが配役されたり、小室哲哉さんの最後の映画音楽制作となったり、話題も多かった作品です。

 

また、1990年代を舞台としている作品で、90年代の音楽も多数使用されてる事も話題となりました。

 

この作品には、三浦春馬さんも出演されており、三浦春馬さんのカッコいい姿をもう一度見たい方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな訳で、今回は「SUNNY強い気持ち・強い愛」について、キャストやあらすじ・感想(ネタバレ含む)をご紹介します。

 

とりあえず、さっさと「SUNNY強い気持ち・強い愛」を見てみたい方は、Amazonプライムビデオで配信中ですのでサクッと登録して視聴してください。

 

SUNNY強い気持ち・強い愛をAmazonPrimeVideoで視聴

【クリック】SUNNY強い気持ち・強い愛を見る>>

注意!

2020年11月現在の配信状況です。

詳しくは、AmazonPrimeVideoのHPより確認してください。

 

「SUNNY強い気持ち・強い愛」のあらすじと概要

ここでは、「SUNNY強い気持ち・強い愛」の概要とあらすじを紹介しています。

「SUNNY強い気持ち・強い愛」概要

元々韓国の映画「サニー永遠の仲間たち」の日本リメイク版です。

韓国版では、1980年代だった舞台を、日本では、1990年代にアレンジされてます。

以下、作品情報です。

原作 『サニー 永遠の仲間たち』より(2011年韓国映画)
脚本 大根仁
監督 大根仁
出演者 篠原涼子
広瀬すず
小池栄子
野田美桜
ともさかりえ
田辺桃子
渡辺直美
富田望生
板谷由夏
山本舞香
橋爪淳
三浦春馬
リリー・フランキー
新井浩文
矢本悠馬
小野花梨
池田エライザ
高田聖子
キムラ緑子
橋本じゅん
三田和代
坂口涼太郎
松本穂香
岡部たかし
宮下今日子
宮崎吐夢
不破万作
音楽 小室哲哉
公開 2018年11月21日
配給 東宝

「SUNNY強い気持ち・強い愛」あらすじ

こちらでは、「SUNNY強い気持ち・強い愛」の簡単なあらすじを紹介します。

SUNNY 強い気持ち・強い愛の紹介:2018年日本映画。
韓国映画『サニー 永遠の仲間たち』のリメイク版で舞台を日本に移して描かれる。
サラリーマンの夫と高校生の娘を持つアラフォー主婦の奈美は平凡だが幸せな日々を過ごしていた。
そんなある日、母が入院して病院へ。
その帰りに同じ病院では高校時代に仲の良かった友人も入院していた。
奈美は余命一ヶ月の友人 芹香から昔の仲間に会いたいと言われて探すことに。
しかし、20年も前のことでなかなか消息がわからず、状況もずいぶん変わってしまっていた。
果たして芹香が生きている間に6人の仲間全員に会わせてあげることができるのでしょうか?

参照元:https://eiga-watch.com/sunny-2018/

専業主婦として平凡な日々を過ごす阿部奈美(篠原涼子)。

ある日、奈美は母の介護のため病院へ行った帰り、とある病室の前を通ると、そこには、絶叫している患者と病院関係者の姿が。

一度は、その病室を通り過ぎるも、名前を見て、高校時代の親友・芹香(板谷由夏)だと感じます。

そして、芹香と20年ぶりの再会!

しかし、芹香は末期がんで余命1か月。

芹香は、女子高時代に結成したグループ“サニー”のリーダーで、田舎町(淡路島)から東京へ転向してきて、馴染めなかった奈美を受け入れてくれた親友です。

芹香は、奈美にかつての仲間たちと会いたいとお願いするのでした。

 

奈美はかつてのメンバーを探すお願いを引き受けたものの、当てはありません。

とりあえず母校へ向かった奈美でしたが、当時の担任の先生(高田聖子)に聞くと、偶然メンバーの一人梅(渡辺直美)と最近会ったと・・・

梅を連れて、病室に向かう奈美。

そして、梅と二人で、残りのメンバーを探します。

しかしそれ以上の情報がなく、偶然見つけた探偵会社で中川(リリー・フランキー)に調査を依頼します。

すると中川は、すぐに裕子(小池栄子)を探してきます。

しかし、残り二人、心(ともさかりえ)と奈々(池田エライザ)の行方は中々見つけることが出来ません。

メンバーを見つけながら高校時代を思い出すうちに、今の生活から変わっていくストーリーです。

最後には、芹香が、みんなに素敵なプレゼントを残し、そしてSUNNYのメンバーは再開?することになります。

 

「SUNNY強い気持ち・強い愛」のキャスト

キャストは、同一人物が、1995年と2018年で描かれてるので少し複雑ですが、映画を見てるとそんなことも感じさせません。

それではキャストです。

阿部奈美/演:篠原涼子


プロフィール

生年月日:1973年8月13日
出身地:群馬県
血液型:B型
事務所: ジャパン・ミュージックエンターテインメント

主人公。SUNNYのリーダー芹香と病院で出会い、20年前に分裂したSUNNYのメンバーを探すこととなります。

主婦として、幸せな生活を送ってるのですが、高校の時のような気持ちを忘れつつあり、それをまた芹香が思い出させてくれます。

大人になった藤井渉(橋爪淳)に会いに行くシーンも素敵でした。

阿部奈美(女子高生時代)/演:広瀬すず


プロフィール

生年月日:1998年6月19日
出身地:静岡県
血液型:AB型
事務所:フォスタープラス

主人公の高校生時代。淡路島から引っ越してきて最初は馴染めなかったが、SUNNYのメンバーに助けられ楽しい高校生活を送ることになります。

少しずつ背伸びしながら、少し大人な恋も経験しながら、どんどん明るくなっていきます。

しかし、鰤谷美礼(小野花梨)の執拗に絡まれ、最後には取り返しのつかないことになります。

裕子/演:小池栄子


プロフィール

生年月日:1980年11月20日
出身地:東京都
血液型:AB型
事務所:イープロダクション

SUNNYのメンバーの一人。口が悪く、元々貧乳だったが、現在は整形と豊胸で別人になり、昔のことを隠してセレブ妻をしている。

旦那の浮気に気づきながらも、どうしようか迷っていたが、SUNNYのメンバー達と、旦那をノックアウトします。

彼女もまた、自分を封印していて、SUNNYのメンバーとの再会によって自分を取り戻します。

裕子(女子高生時代)/演:野田美桜


プロフィール

生年月日:1997年4月2日
出身地:福岡県
血液型:A型
事務所:ステッカー

成績は優秀だが口は悪く、楽しい事も大好き。

この頃から、将来は、セレブ妻として生きることを公言していました。また、爆乳に生まれ変わるとも公言していて、有言実行でしたね。

心/演:ともさかりえ


プロフィール

生年月日:1979年10月12日
出身地:東京都
血液型:A型
事務所:イトーカンパニー

SUNNYのメンバーの一人。 夢であった美容師になったものの経営が破綻し、借金を背負い、更にアル中になってしまってる。

借金返済のために雇われスナックママとして働いている。

子供もいるが、実家に預けて離れ離れだが、本心は、子供と一緒に暮らしたいと思ってる。

芹香に今の姿を見せれず、生きてるうちに芹香に再会が出来なかった。

心(女子高生時代)/演:田辺桃子


プロフィール

生年月日:1999年8月21日
出身地:神奈川県
血液型:A型
事務所:スターダストプロモーション

高校時代は、ブランド品で身を固めコギャルを謳歌している。

将来の夢は美容師で、いつも裕子と絡んでは、バカ騒ぎをしている明るい女の子。

梅/演:渡辺直美


プロフィール

生年月日:1987年10月23日
出身地:台湾
血液型:A型
事務所:吉本興業

SUNNYのメンバー。今は、不動産販売会社で働いてるが、営業成績もさっぱりで、上司にパワハラまがいの扱いを受け続けている。

芹香の事を聞きすぐに駆け付け、奈美といつも行動を共にしてくれた人情味のある人です。

梅(女子高生時代)/演:富田望生


プロフィール

生年月日:2000年2月25日
出身地:福島県
事務所:ジャパン・ミュージックエンターテインメント

明るさが取り柄で、SUNNYのムードメーカー的存在。

伊藤芹香/演:板谷由夏


プロフィール

生年月日:1975年6月22日
出身地:福岡県
血液型:O型
事務所:アミューズ

がんで余命1か月を宣告される。 奈美と再会して、昔のメンバーに会いたいとお願いするが、全員揃う前に亡くなってしまう。

しかし、メンバー1人1人にちゃんと大切なものを残してくれる、最後まで絶対的リーダーであり続けました。

SUNNYのメンバーの事を誰よりも心配し、他のメンバーがこれからの人生を楽しく過ごせるようにしてくれたんだなって思います。

伊藤芹香(女子高生時代)/演:山本舞香


プロフィール

生年月日:1997年10月13日
出身地:鳥取県
血液型:B型
事務所:インセント

友達のためなら何でもする、SUNNYのリーダー。

主人公奈美がクラスでいじめられてるところを助け、奈美をSUNNYのメンバーに入れます。

義理と人情にはとことん熱く、誰かがやられてたら、助けにもいくし、最後はそれが切ない幕切れとなります。

藤井渉 /演: 橋爪淳


プロフィール

生年月日:1960年10月13日
出身地:東京都
血液型:O型
事務所:東宝芸能

バーの店主で、奈美が訪ねてくる場面で少しだけ登場します。

藤井渉/演:三浦春馬


プロフィール

生年月日:1990年4月5日
出身地:茨城県
血液型:AB型
事務所:アミューズ

奈美の初恋の相手です。

梅の兄(矢本悠馬)が梅の家に連れてきた時に奈美と出会います。

誰にでも優しく、奈美が絡まれたら、助けてくれたり、奈美が勘違いしそうな行動を取りますが、全てのしぐさがカッコイイです!

しかし、実は彼女がは別にいました。

中川(私立探偵)/演:リリー・フランキー


プロフィール

生年月日:1963年11月4日
出身地:福岡県
血液型:B型

奈美と梅がたまたま見つけた探偵事務所の探偵さんです。

口も悪いし、コギャルに良い印象はないように見えますが、結構活躍します。

メンバーを探し、裕子の旦那の浮気を探り、最後には、芹香からの遺言も届けます。

新井/演:新井浩文


プロフィール

生年月日:1979年1月18日
出身地:韓国
血液型:A型

梅を怒鳴る会社の上司です。

梅の兄/演:矢本悠馬


プロフィール

生年月日:1990年8月31日
出身地:京都府
血液型:AB型
事務所:ソニー・ミュージックアーティスツ

梅の兄で、渉を家に連れてきてくれた事で、奈美の恋が始まります。

鰤谷美礼/演:小野花梨


プロフィール

生年月日:1998年7月6日
出身地:東京都
血液型:B型
事務所:アルファエージェンシー

かつては、芹香と友達だったが、ドラッグや売りに手を染め絶縁されます。

その後、奈美が芹香と仲良くしてるのが気に入らないらしく、いろんなところでちょっかいを出してきますが、ことごとくやられます。

最後は、ラリってしまい、取り返しのつかない事をやってしまいます。

奈々/演:池田エライザ

プロフィール


生年月日:1996年4月16日
出身地:福岡県(フィリピン)
血液型:B型
事務所:エヴァーグリーン・エンタテイメント

eggのモデルで、SUNNYの一員です。

奈美が転校してきたときは、ずっと冷たく当たっていました。

奈々は、家庭環境が複雑で、関西から来た奈美と継母がシンクロしていたのでした。

しかし、本当は奈美の事が好きで、それを素直に言えなかったと・・・・

お互い腹を割って話すことで、仲良くなるも、事件がきっかけでその後の消息は不明となります。

担任/演:高田聖子

プロフィール

生年月日:1967年7月28日
出身地:奈良県

奈美の母/演:キムラ緑子

プロフィール

生年月日:1961年10月15日
出身地:兵庫県
血液型:O型
事務所:シス・カンパニー

奈美の父/演:橋本じゅん

プロフィール

生年月日:1964年2月25日
出身地:兵庫県
血液型:B型
事務所:劇団☆新感線

奈美の祖母/演:三田和代

プロフィール

生年月日:1942年11月20日
出身地:大阪府
事務所:矢島聰子事務所

奈美の兄/演:坂口涼太郎

プロフィール

生年月日:1990年8月15日
出身地:兵庫県
血液型:B型
事務所:キューブ

奈美の兄。23歳にして定職に就かず、家にいる。アニメが大好き。

奈美の娘/演:松本穂香

プロフィール

生年月日:1997年2月5日
出身地:大阪府
血液型:O型
事務所:フラーム

奈美の娘。今どきの高校生という感じで、どこか冷めた雰囲気。

奈美の夫/演:岡部たかし

プロフィール

生年月日:1972年6月22日
出身地:和歌山県
事務所:クリオネ

 

 

「SUNNY強い気持ち・強い愛」の感想(ネタバレ含む)

ここでは、「SUNNY強い気持ち・強い愛」の感想をまとめました。

以下感想です。

元々、板谷由夏さんと篠原涼子さんが好きでこの映画を見ました。
この映画は90年代にフォーカスが当てられて描かれているのですが、90年代の音楽が懐かしくもあり、当時ヒットしていて毎日テレビや街頭から流れていた曲を思い出しながら見ていました。

90年代は、世代ど真ん中で、共感できる部分も数多く、こんなことあったと共感できる部分も多かったです。
この頃は、バブル崩壊して不景気に突入している頃でしたが、学生の私たちはそんな事みじんも感じず、その数年後就職で厳しい時代を迎えるとは思っておらず、毎日楽しければそれでいいという感じでした。

今の時代は、この映画の中の登場人物のように極端にはっちゃけるということがほとんど無いと思うので、作品の中の学生生活にも憧れを感じる人もいるのではないでしょうか?
こんなにも楽しい学生時代の思い出を持っていたからこそ、大人に成長しても今よりは頑張れるかもしれないと思った事も何度もありました。

しかし、20年経った現在は、人生に疲れ自分を見失ってるメンバーが描かれますが、それをリーダーの芹香がまた救ってくれます。

作品の中で出てくる黒ギャルや、小室ファミリーの楽曲など、胸がザワザワしてテンションがあがりました。

作品の中で何回も流れたCharaさんが歌うやさしい気持ちも、この時代描写にぴったりです。

板谷由夏さん演じる芹香の儚くも強く生きようとする姿、その芹香の最後の願いを一生懸命叶えるようとする奈美たちの友情に感動しました。

それも簡単には行かないのですが、特にともさかりえさん演じる心は大人になって大変な生活を送っているのですが、アル中になっているという設定するなのですが、見ている私までびっくりするほど演技がよかったです。

最後は、奈々も含め芹香の遺影の前に集合できてよかったって思いました。

ダンス多めの作品です(笑)

シーンに使われる音楽は、少しセンスがないように感じますが(笑)、当時の音楽シーンも含めて、非常に楽しくそして、感動する映画でした。

 

「SUNNY強い気持ち・強い愛」に使われた楽曲

SUNNYに使われている楽曲は以下の通りです。

タイトル

安室奈美恵/SWEET 19 BLUES

久保田利伸/LA・LA・LA LOVE SONG

JUDY AND MARY/そばかす

hitomi/CANDY GIRL

trf/survival dAnce ~no no cry more~
trf/EZ DO DANCE

安室奈美恵/Don’t wanna cry

Chara/やさしい気持ち

PUFFY/これが私の生きる道

小沢健二/強い気持ち・強い愛

森田童子/ぼくたちの失敗

どの曲も90年代を代表する曲たちですね。

個人的に、JUDY AND MARYは、本当によく聞きました。

小室楽曲がずっと流れてる90年代に、バンドという形で、更に曲調も多岐に渡り、本当にかっこいいバンドだったなと思います。

 

やはり懐かしいですね。

 

 

「SUNNY強い気持ち・強い愛」のあらすじ・感想・ネタバレ まとめ

今回は、「SUNNY強い気持ち・強い愛」のあらすじや感想(ネタバレ)楽曲などをご紹介しました。

 

SUNNYの高校時代は、1995年ですが、この年は、阪神淡路大震災が1月に、オウムサリン事件が3月にあり、世の中も不景気に突入する頃のちょっと暗い感じの時代でした。

 

主人公の奈美も、淡路島から転向してきたところを見ると、阪神淡路大震災で心の傷を負っての転向だったかもしれませんね。

 

そういう気持ちをも吹き飛ばすほどの、仲間との大切な時間を手に入れ、楽しく過ごすもある事件がきっかけでそのまま離れ離れに・・・・

あのころから20年、大きなきっかけでかつての仲間と会おうとするも、全員揃わなかったんです。

あと一か月寿命が長かったら・・・

ただ、ハッピーエンドで終わる事は間違いないですね^^

 

SUNNY強い気持ち・強い愛をAmazonPrimeVideoで視聴

【クリック】SUNNY強い気持ち・強い愛を見る>>

注意!

2020年11月現在の配信状況です。

詳しくは、AmazonPrimeVideoのHPより確認してください。

 

-邦画

© 2020 素晴らしい日常! Powered by AFFINGER5